スタッフ紹介|グレースハープ名古屋太閤通口店

スタッフ紹介

グレースハープ・インターナショナルハープアドバイザー&代表二瓶佳子

愛知県、東海地方のみなさん、はじめまして。
グレースハープ代表の二瓶佳子と申します。
グレースハープはアイリッシュハープの専門店で
現在6ヵ国からハープを輸入し日本の皆様に紹介しています。
木材は主にカナダ、中東、アフリカ産の良質の木を使用
しており、音色は国内にとどまらず世界的に高く評価されて
います。オリジナルのアイリッシュハープ、オーダーメイドの
グランドハープも作っています。

2017年夏、グレースハープとしては初の東海地方の
教室がオープンしました。名古屋駅の新幹線口から徒歩5分
の便利な場所にあります。ちょっとハープに興味がある、
触ってみたい、という方から、本格的にハープをやってみたい
方までサポート致します。教室では体験レッスンを随時受け付けて
いますので是非お気軽にご来店ください。

また、ハープを教えたいという講師も募集していますので
講師登録したい方もお気軽に問合せください。

ハープ講師養成講座についてはこちらをご覧ください。

グレースハープはハープを通し、全国のネットワークを大切に
考えています。ハープは古代最古の楽器として知られていますので
その歴史は古く奥深い楽器です。また癒しの魅力もあります。

ハープがある生活を一緒にエンジョイしましょう!

_

グレースハープ名古屋太閤通口店 みさ先生

皆さま、こんにちは。
私はアイリッシュハープが大好きです。
アイリッシュハープの音色は奏でている自分自身を
優しく包んでくれます。
そして聴いて下さる方を笑顔にします。
弾き始めた頃は自分の為に弾いていました。
その内に聴いて下さる方が喜んで下さるようになり、
お客様が喜ぶ姿を見る事が
自分自身の喜びにつながっていきました。

アイリッシュハープの音色はとても繊細です。
自分の心の中の景色まで映し出されるように感じていました。
クリアでピュアな音を奏でたいと思い、
ハープと共に自分の内面にも向き合って来ました。
アイリッシュハープは自分に喜びを与え、
聴いて下さる方にも喜んで頂け、
そして自分を成長させることが出来る素敵な楽器なのです。
楽譜が読めなくても大丈夫です。
アイリッシュハープに逢いに来ませんか?!

プロフィール

幼少期よりピアノを習い、10代の頃よりバンド活動などを通して
音楽に親しんでいたがアイリッシュハープと出会い、
その音色に惹かれてハープに転向する。
演奏活動をする内にアイリッシュハープの持つ癒しの力に
注目をするようになった。
病院や福祉施設の他、自然の中にあるカフェ、ホテル、プラネタリウム、
イベントなどで演奏活動を行っている。
4年前より毎年北海道を訪れて、森の中など自然を感じる場所で
演奏活動を行っている。

_

グレースハープ名古屋太閤通口店 しま先生

皆さまは、アイルランドという小さな国をご存知でしょうか?
イギリスの北西にある、北海道ぐらいの大きさで、
アイリッシュハープの原点とも言える場所です。

アイリッシュハープの音色は、どこか懐かしく心に響いていきます。
盲目のアイリッシュハープ奏者・ターロック・オキャロランは
この国で生まれ、旅をしながら美しい曲をたくさん残しました。

「吟遊詩人」という言葉があるようにアイリッシュハープは、
旅とともにあり、行く先々の土地で、時には人を励まし、
時には心の疲れを癒しました。

弦のふるえる振動は、私たちの心に響きます。ハープの音に
耳を傾けてみてください。忘れていた大切な何かを思い出し、
時には涙が溢れてくるかもしれません。

ぜひアイリッシュハープを音色を一緒に楽しみましょう。
レッスンでお会いできますことを楽しみにしています!

プロフィール

9歳よりクラッシックハープを習い始める。
12歳より長屋梨沙氏アイリッシュハープを本格的に習い始める。
2015年にアイルランドに短期音楽留学をする。そこで、ダブリンの「Waltons New School of Music」で村上淳志からレッスンを受ける。そのほかにも、アイルランド を代表するKathleen Loughnane氏やGrainne Hambly氏よりレッスンを受ける。
2016年にアイルランドに4ヶ月間音楽留学をする。Grainne Hambly氏、村上淳志氏に 師事。
アイルランドの「Cairde na Cruiteハープフェスティバル」1週間参加する。
アイルランド「Wyatt hotel」で定期的に演奏を行う。

_

ページTOPへ